IMG_6054

一瞬で沸点に達する絶叫系パーティーゲーム「PIT(ピット)」

【どんなゲーム?】

商品取引所を舞台に、自由取引し、1つの商品を最初に独占した人が勝ちというゲームです。

【100年以上の歴史】

実はこのゲーム最近出来たものではありません。アメリカで発売されてからすでに100年以上経過してる古典的傑作ゲームなんです。歴史がある分、現在まで色々なバージョンが発売されています。デザイン違いや8人用のものから10人用のものまで、「チンッ!」と鳴らすベルがついたデラックス版など様々です。

《PITのルール》

IMG_6046
【揃えれば勝ち】

ルールはいたってシンプル。カードが9枚ずつ配られます。最初に同じカードを9枚揃えれば勝ちです。
カードには、穀物の原料などの文字や絵、そして対応する数字が書かれています。一種類につき9枚ずつ同じカードがあります。どの絵柄を揃えても構いません。(Bull、Bearを加えるルールもあります。)

【自由取引】

どうやって揃えるかというと、物々交換です。相手に何のカードかを見せてはいけません。誰とでも何回でも交換してOKです。順番も関係ありません。交換したもん勝ちです。
相手に伝えるのは枚数のみ。同じ種類のカードであれば最高4枚まで同じ枚数どうしで交換できます。IMG_6048

最初の手札(ランダムなカード)

IMG_6052揃えて完成!

【総合得点】

勝利するとそのカードに書いてある点数をもらえます。何回かゲームを繰り返します。あらかじめ勝利点を決めておいて、それに達した人が最終的な勝者となります。

《パーティーゲームの定番》

市場のようにみんな叫びます。声を出すことにより自然とテンションが上がっていきます。
相手に渡したカードが何回も戻ってきたり、絶叫している姿の滑稽さに自然と笑顔になります。
場を温めるのに最もふさわしいパーティゲームだと思います。
注意点は、騒いでもいい場所でプレイをする事と飲み物などを倒さないようにする事です。

100年前のシンプルなゲームですが、初めてプレイすると「これは面白い!」と感じていただけるはずです。ぜひパーティの前菜としてお楽しみ下さい。

Analog Game Review IMG_5824

ルールの簡単さ★★★★☆
盛り上がり度     ★★★★★
暇な時間がない★★★★★
発想、想像力     ★☆☆☆☆
反射神経               ★★★★☆

カードのデザインなのか、あえて揃えづらくするためなのか数字が見づらいカードもあります。トランプのスピードのような、単純で軽スポーツ的なゲームです。叫び疲れてきますので長時間遊ぶのには向いていません。一瞬で盛り上がるウォーミングアップゲームです。デラックス版のようにベルを用意して遊ぶとさらに盛り上がりますのでオススメです。3名から遊べますが、多い方が間違いなく楽しいゲームです。

(※個人的感想です。)

PIT
プレイ人数: 3-10(8)名
制作: Edgar Cayce & George S.Parker & Harry Gavitt
1904年〜

 

ゲーム関連記事

ロシア発の爆笑カードゲーム「ナンジャモンジャ」

七並べの進化系カードゲーム「ペンギンパーティ」

飛鳥時代に遊ばれていたボードゲーム「バックギャモン」

IMG_6030

 ゲーム
関連オススメイベント
IMG_2103CARD GAME NIGHT
世界各国のカードゲーム
を楽しもう♪
IMG_4448カードゲームコン
ギラギラしない恋活イベント
IMG_5686カタンを楽しむ会
ドイツNO.1ゲーム「カタンの開拓者」を純粋に楽しもう♪

「一瞬で沸点に達する絶叫系パーティーゲーム「PIT(ピット)」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です